デジタルツールによりWEB編集を行う。

中小印刷業の資産、人材で対応できることになったのです。


デジタルツールによりWEB編集を行う。


これも、「夢」の実現なのです。


1997年には、凸版印刷がビジネスモデル特許を出したものです。


2000年には、数千万の上のほうでの実験が始まりました。


2002年に、仕様を説明し制作費いくら------>答え5億
こんな回答をした会社もあります。


できないから、払えない金額で退散させたと見るのが妥当ですが。


それと同相当の機能で、数百万まで、下がって来ています。


WEBパブリッシングのシステムです。


毎年の「デジタルパブリッシングフェアー」は、楽しみです。


各社、より明確なコンセプトで、展示がなされます。


ただ、各社の宣伝の裏をよーく見てきてください。