ノイさんの画集(その4)

そこに描かれた強さが私に安心感をあたえてくれるのです……」この言葉だけで涙が出てきます。


だんだんと人生進んで行って多少なりとも世の中の事が分かりかかって来ると自分の心が欲しがっている部分、心が乾き魂が、疲れたところに与える言葉が、石の様に硬くなりつつある心のヒビからすーっと入って来て潤すような、そんな枯れて行くような心を助けるのにぴたっと合う書物に巡り合うのは簡単ではありません。


この本は私の大切な本の中の一冊であり続けているのです。

少し前まで、私はいつも自分のやりたい事が出来なくて、家庭や置かれた環境のせいにしたり、親が金持ちでなかったからと言い訳して失敗するのを恐れ逃げているだけだったのだと気付きました。


ノイ様、いつも元気と勇気をありがとうございます。